あたらしいメガネ

40歳の誕生日にワイフがメガネをプレゼントしてくれた。 プレゼントといっても、一緒にメガネ屋さんに行って僕が気に入ったものを選んだのだけど。 節目の歳でもあるので、これからも長く使えるちょっといいものをね。とのこと。

振り返るとだいたい 5年ごとにメガネを作っている。
最初は LESS THAN HUMAN
その次は TRACTION PRODUCTIONS
今回はドイツの Lunor のものにした。

細身のセルフレームの優美なラインと、特徴的なちょっとゴツいメタルヒンジがギリギリキワキワのところで融合した、クラシックでシンプルなんだけどちょっとエッジのある雰囲気がとても気に入ったのでした。

メガネを選ぶのはとても楽しい。そしてとても難しい。 フレームのデザインは実際にかけた時の印象が魔法のように変わってしまうし、これから自分がどんな「顔」になりたいのか、どんな風に見られたいのか/見られたくないのか、とてもシビアに問われる感じがする。
ちょっと個性的なデザインでもかけてみると意外としっくり来たり、逆にシンプルなデザインのものが顔の印象をガラッと変えてしまったりもする。 (度の入っていないフレームをかけて鏡を見ても顔がよく見えなくて大変)

それでもお店をウロつきながら気になったフレームを片っぱしからかけてみると、これだ!というフレームに出会える(ことがある)。
それはまさに「出会い」のようで、当初イメージしていたものとは全然ちがうものが今の自分にピッタリとハマったりする。 40代の僕はこんな顔になるのか。いいね。って。

あたらしいメガネを作るのは、美しいプロダクトに触れる機会であると同時に、自分の顔(あるいは見え方)と向き合えるいいチャンスだなと思った。
5年後あたりにまた作ろうかしら。その時にはどんな顔になってるんだろう。
ホントはもっとたくさんメガネ欲しい。

広告を非表示にする